法人税申告書作成

前提条件

 

前期法人税等納付

未払法人税を当期に支払い
未払法人税等 1,200 現金預金 1,200

 

別表四作成法人税計上前

・1当期純利益又は当期欠損金の額は、当期純 ...

法人税申告書作成

前提条件

【表1】

 
 

別表四法人税計上前

・1当期純利益又は当期欠損金の額には、当期純利益8,100。
・22仮計は、1当期純利益又は当期欠損金の額8,

法人税申告書作成

前提条件前期法人税等納付

未払法人税を当期に支払い
未払法人税等 1,200 現金預金 1,200

 

別表四作成法人税計上前

・1当期純利益又は当期欠損金の額は、当期純利益16,000

法人税申告書作成

1期目前提条件

販管費のうち、賞与引当金繰入額100は翌期に支払う賞与分として計上。
税効果会計は適用しない。

記載の必要がある、別表四、五(一)について解説していきます

 

法人税申告書作成

前提条件当期法人税中間納付

当期に中間納付として前期分の半分600を支払い。
仮払法人税等 600  現金預金 600

別表五(一)作成

28未納法人税、未納地方法人税及び未納復興特別法人税(付帯税を除く。):

法人税申告書作成

前提条件

 

 

前期法人税等納付

未払法人税を当期に支払い
未払法人税等 1,200 現金預金 1,200

 

 

別表四作成法人税計 ...

法人税申告書作成

前提条件

【表1】

 

別表四法人税計上前

・1当期純利益又は当期欠損金の額には、当期純利益8,100。
・22仮計は、1当期純利益又は当期欠損金の額8,100に、加算、減算は